鼻中隔延長

鼻中隔延長とは?

鼻中隔延長手術は鼻の頭の部分に他の軟骨を足して鼻の形を変える手術となります。

正面を向いた際に鼻の穴が目立つといった場合には、鼻が上を向いていたりといったことがあるようです。

鼻の穴が目立ってしまうということで常に下向き加減にしているという人もいますから、そんな人にはピッタリの手術となってきます。

鼻中隔延長手術では、軟骨が必要となってきますが、この軟骨はもともと鼻にある鼻中隔軟骨を利用することもありますが、鼻の高さや形をどのようにしたいのかによって使用する軟骨には違いがあります。

必要となる大きさによって採取する軟骨の部位も変わってきますが、採取する部位といしては耳の後ろにある耳介軟骨や肋軟骨といったものを利用することになります。

耳介軟骨は、耳の後ろのシワなどにそって切開し採取することになり、肋軟骨の場合には、胸のアンダーの一に合わせて切開し採取することになります。

採取する為に切開するといっても数センチ程度の切開となりますから、目立つということはありませんし、形が変わってしまうということもありませんからこの辺の手術は行わなくて大丈夫でしょう。

鼻中隔延長手術が適当なのは?

鼻中隔延長手術はどのような人に必要となってくる方法なのでしょうか。

まずは、鼻が上を向いている人、鼻の先端が低くなっている人、鼻柱が上がってしまっている人などに適当となってくる方法となります。

自分の軟骨を使って鼻を高くしたりすることができるので鼻の穴が目立ってしまって悩んでいるという人も鼻の穴を目立たなくすることができます。

鼻中隔延長は、単に鼻を高くするということではなく、鼻の形も変えることのできる手術となってきます。

鼻中隔延長

鼻尖縮小

鼻尖縮小とは?

鼻尖縮小手術は、団子鼻のような鼻で悩んいるような際に鼻の先端を切開し、スッとした鼻にする為の手術となってきます。

鼻の先端の脂肪を取り除き、鼻翼軟骨を縮小、離れてしまっている鼻翼軟骨の処理を行うというのが、基本的な鼻尖縮小手術の方法となります。

鼻の先端をスッキリさせることで団子鼻でもスッと筋の通った鼻にすることができるということになります。

この手術の場合には、基本的な手術で終了することは、少なく多くの場合には、さらに取り除いた鼻翼軟骨を先端の軟骨に継ぎ足して鼻を高くするようにすることが多く行われているようです。

団子鼻の場合には鼻が丸っこくなっていて鼻が強調されているような感じがしてしまいますから、この手術を受けることで先端がシャープになり、きれいな鼻立ちを手に入れることもできます。

鼻尖縮小手術を受けるには?

鼻尖縮小手術は、決して簡単な手術というわけではありません。

時には、手術を行ってもほとんど変化を感じることができないということもありますから、しっかり結果を出してほしいということなら、高い技術を持った医師に行ってもらうことが必要となってきます。

スッとした鼻を目指していたはずがさらに団子鼻になってしまうということもありますから気を付けることが必要です。

鼻尖縮小手術は、高い技術と経験を持った医師が必要となってきますから、しっかり調べてクリニックなどを選択するようにしましょう。

カウンセリングなどでもデメリットなどをしっかり理解したうえで施術を決めるようにすることが大事です。

鼻尖縮小

小鼻 ヒアルロン酸

小鼻にヒアルロン酸で!

モデルさんなんかの筋の通ったスッとした高い鼻に憧れを持つ人は多いでしょうが、自分の鼻を高くするために整形手術などで切開を行うとなると抵抗を感じてしまう人もまた、多いでしょう。

憧れは合っても肌を切ることには抵抗を感じてしまうということは決して少なくなく、このままの鼻で我慢しようという人は多いでしょう。

切開しなくても鼻をスッとした高い鼻にすることは可能となり、その代表的なものがヒアルロン酸による方法です。

ヒアルロン酸を鼻に注入することで高い鼻を手に入れることもできます。

ヒアルロン酸はもともと人間の体の中に存在している成分ですから、注入しても安心ですし、切開など行う必要がなく、注射することになりますから、切開に抵抗を感じているという人でも安心でしょう。

ヒアルロン酸は、体の中にある成分ということで自然なラインで鼻を高くすることができるということでも人気の高いものとなっています。

ヒアルロン酸は永久的?

ヒアルロン酸を鼻に注入して鼻を高くした場合には、どのくらいの期間その状態を継続することができるのでしょうか?

ヒアルロン酸は、もともとが体の中にある成分ということで、徐々に体内に吸収されていきます。

大体1回の注入で半年程度もつのが平均的でしょう。

ヒアルロン酸を注入して鼻を高くする場合には、定期的に注射を行う必要がありますから通いやすいクリニックなどで行うようにすることもポイントの一つでしょう。

小鼻 ヒアルロン酸

小鼻縮小 東京

小鼻縮小、東京で行うなら?

小鼻縮小の施術を東京で行うという場合には、どのような点に注意したらよいでしょうか?

小鼻縮小は、鼻の穴が大きかったりといった際に理想的な鼻にするための施術となってきますが、どこで施術を行っても同じということはありません。

小鼻縮小は、美容外科クリニックなどで行うことが多くなっていますが、東京には、多くの美容外科などがあります。

どこの美容外科クリニックで施術を行っても良いということはありませんから、しっかりと信頼できるところを探すようにしましょう。

どんなクリニックで施術すればいいの?

小鼻縮小の施術を行う場合でもメリットもあればデメリットもあります。

メリットもデメリットもきちんと説明してくれて納得して施術を受けることができるようにしてくれるクリニックがまずはおすすめでしょう。

デメリットとして考えられることの中には、小鼻を切開しすぎて鼻のバランスがおかしくなってしまうというようなこともありますから、しっかりとした技術を持った医師に行ってもらうことが大事でしょう。

小鼻縮小は、半永久的なものとなってきますから、きれいにしてもらうためには、小鼻縮小の施術の実績が多く、様々なパターンに対応することができるようなクリニックがよいでしょう。

切開するということは、抜糸などで通院を行う必要もありますから、通いやすいクリニックということも重要でしょう。

東京には、数えきれないほどのクリニックがありますから、まずは通うことができるところで評判のよいところなどを候補に挙げてみるとよいでしょう。

小鼻縮小 東京

小鼻縮小

小鼻縮小とは?

小鼻縮小とは、小鼻が上の方や横の方に広がってしまっていて鼻の穴が大きく見てしまう場合などに行われる施術となります。

鼻の穴が大きく見えてしまうと、接する相手もどうしても鼻に目がいってしまったりしてお互いに気まずかったり嫌な思いをしたりということがあります。

小鼻縮小で鼻の穴を小さくすることができ、見た目の印象もかなり違ったものにすることができます。

小さい頃からだんご鼻などと言われて嫌な思いをしてきたという人でも憧れのスッキリした鼻を目指すことができるのが小鼻縮小の施術となってきます。

小鼻縮小施術はどうやって行うの?

小鼻縮小の施術は鼻の穴の内側から行います。

小鼻の溝となっている部分を数ミリ切開しますが、これは、数ミリということでほとんど目立つこともありません。

全体のバランスなどを考慮しながら鼻の穴が目立たないように縫い縮める方法となります。

小鼻縮小を行うことで悩みとなっていた鼻の穴も小さくなり小鼻も目立たなくない、スッキリとした鼻を目指すことができます。

施術時間は大体30分程度ということが言われていますが、人によっても症状には違いがありますから違いがあります。

鼻の穴の広がりは、人によってどういった方向に広がっているのかにもよっても縮める大きさなどには違いが出てきます。

小鼻縮小の施術と一緒に鼻筋を整える隆鼻術などを行えばさらにスッキリとした印象の鼻を目指すこともできるでしょう。

小鼻縮小

鼻 整形 口コミ

鼻の整形には誰でも一度はあこがれたことがあるのではないでしょうか。少し違うだけで、顔の印象が大きく変わるので受けてみたいと思われる方も多いと思います。実際に整形手術を行う際に、どのようなクリニックを選べばいいのでしょうか。一番てっとり早いのは口コミ情報サイトをアテにする方法です。

<体験者の生の声は整形外科を選択するときの参考に!>
実際に体験した方の意見が記載される口コミは、メリットだけではなくデメリットも知ることができます。インターネットの情報はすべてが正しいわけでもなく、口コミが必ずあなたのプラスとなる情報をもたらしてくれるのかというとそうではありません。しかし、実際に体験した方の声というのは生の声であるとともに、体験した人にしかわからない情報も知ることができます。そのため、受け入れるかどうかは別として、あなたの知識として役立つことでしょう。特に整形は一生を左右するものにも成りかねませんので、慎重に考えて行動することをオススメします。もし周りに体験した方がいらっしゃるのであれば、その方たちの口コミを頼りにするのもアリだと思います。正しい情報を見極めて、整形手術を行うようにしましょう。

鼻 整形

外人さんのような高くて鼻筋の通った鼻に憧れる方は多いと思います。鼻は顔の中心部にあるため、鼻で顔の印象が決まると言っても過言ではありません。お隣の国韓国では一部分だけを整形するプチ整形が流行っていて、美容に興味のある若い女性を中心に人気を博しています。

<知っていてほしいプチ整形の落とし穴>
仮に鼻を高くする整形手術をするとします。鼻の整形は様々な方法で行われます。プロテーゼやシリコンという柔らかい物質を鼻の骨の上に注入して高くする方法や、鉄板のようなものを鼻筋の部分に通して形成する方法、鼻を小さくするために切開して縫い合わせたり、なりたいスタイルになるために手術方法も変わります。整形が悪いことではありませんが、簡単にできる世の中だからこそ、きちんと考えて行わないと大変なことになります。年齢を重ねるごとに変化していきますので、ずれて形がくずれたり、体内に物質が吸収されたり、うまく縫っていなかったために傷口から化膿したりと、挙げ始めるときりがありません。必ずデメリットが発生するということではなく、正しい医師選びが重要になるという意味です。せっかくの整形が無駄にならないように気をつけましょう。